国産えごまの実50g
5e8435b79df163092021e183 5e8435b79df163092021e183 5e8435b79df163092021e183 5e8435b79df163092021e183 5e8435b79df163092021e183 5e8435b79df163092021e183 5e8435b79df163092021e183

国産えごまの実50g

¥330 税込

送料についてはこちら

福島県棚倉町産の国産生えごまです。50g。 【えごまについて】 えごまはαリノレン酸という上質な油を含んでいます。福島では十年長生きの意味を込めて「じゅうねん」という名前で呼ばれています。古くは縄文時代の化石からえごまが出てきたと言われています。古来からの健康食材です。 【えごまは香りが特別です】 えごまはフライパンで数分煎ると、ふわっと良い香りがしてきます。 こがさないようにすぐ火を止めてすり鉢ですりますと、思わず深く息を吸いたくなる香りがします。すり加減はお好みで。荒目にするとプチプチとした食感が楽しめます。 【和え物や蒸し鶏に万能のえごまタレ】 しょうゆと砂糖とえごまでタレをつくり、季節の野菜と和えます。ほうれん草、春キャベツ、小松菜あたりは間違いありません。このタレは蒸し鶏などにつけても美味しいですよ。 【えごまみそもおススメ】 他にも、すったえごま、味噌、みりん、砂糖を和えてえごま味噌もお勧めです。田楽につけたり、おにぎりの具にしたり、香ばしいのなんのって。 【その他のレシピ】 それ以外には、塩むすびの上にちょこんと、すりえごまをのせる。すりえごまと砂糖をまぜてお餅やおはぎにつけるのもお勧めです。 【えごまの収穫は手作業です】 えごまの収穫作業は10月から。穂先の小さな一房に実が入っていてこれを収穫します。近づくとよい香りがします。 まず穂を乾燥させたのち叩きおとす。その後、実と枝やごみを分ける。さらに実を水につけて石や砂をおとす。それから乾燥。かなり手間がかかるのです。こういった手間をかけ、11月末になると香り豊かな新物が出回ります。 みなさんにお届けするのは、2019年に収穫されたものです。 【原材料等】 品名:国産えごま 原材料:えごま(福島県棚倉町産) 内容量等:50g 製造者:日本メグスリノキ本舗 福島県東白川郡棚倉町山際字屋敷前59 【栄養成分表示】(100gあたり) エネルギー544kcal タンパク質17.7g 脂質43.4g 炭水化物29.4g 食塩相当量0g